2014,6月

ビジネスホン(ビジネスフォン)でオフィスのコスト削減ナビ電話機には家庭用とビジネス用の2種類があります。当然ですが家庭用を利用している人の割合の方が、日本全国では多いですので、家庭用電話機にかかる料金をある程度は把握していることでしょう。

それを知った上でビジネス用の電話機(ビジネスフォン)を調べてみると、随分と値段が高いことに驚くはずです。個人事業主や小規模な会社の場合、ビジネスフォンをオフィス内に導入する機会もあることでしょう。しかし導入するにあたって本体だけでも、5~8万円もの費用が発生してしまうのです。

大企業であれば必要経費として簡単に処理できる金額でしょうが、起業したばかりの方や小規模事務所の場合には、結構な出費となるはずです。しかも仕事内容によっては、携帯電話でも十分対応できるわけですからね。しかし名刺などに電話番号を記載するなどの都合で、ビジネスフォンを利用しようと思っている人も少なくないでしょう。

やはり名刺に記載されている連絡先が、「090」よりも市外局番の方が信頼性は増しますからね。仕事というのは取引先の相手や顧客があってこそですので、信頼性は落とせない要素とも言えるでしょう。そこで1社、事業用の電話機にかかるコストを削減できる会社を紹介したいと思います。

ビジネスホン(ビジネスフォン)でオフィスのコスト削減ナビ!というサイトなのですが、ご存知でしたでしょうか?中古の電話機を販売している会社で、回線とのセットで申込をおこなえば、随分と費用を抑えられますので検討する価値はあると思います。詳細は以下リンク先で!

ビジネスホン(ビジネスフォン)でオフィスのコスト削減ナビ

 
2014,6月

あなたの職場ではビジネスホンを使用していますか?一般家庭では使用していないと思いますが、オフィスなどではビジネスホンは大活躍してくれます。

では、ビジネスホンとは一体何なのでしょうか?
通常、家庭の電話機は一家に1台あれば足りますが、オフィスでは1人1台必要なこともあります。もし、家庭用の電話機をオフィスに設置するとどうなるのでしょうか?例えば、営業部あての電話を経理部で受けた場合、営業部の人に経理部まで電話機を取りに来てもらわなくてはなりません。これでは大変不便です。

そんな難点を解決してくれるのがビジネスホンなのです。
ビジネスホンには主装置と呼ばれる外線と内線をつなぐ交換機が必要になります。外からかかってきた電話をこの主装置を通すことで、先ほどのように営業部あての電話を経理部で受けた場合でも、経理部の電話機から営業部の電話機へ転送することができます。

ビジネスホンを使用すると、電話機のボタンに電話回線を取り付ける事によってボタンで切り替えができるようになります。ですので、外線を内線として切り替える事ができるようになっているのです。

最近は、オフィスの電話機はビジネスホンが主流です。
まだビジネスホンに切り替えていないという会社のご担当者様へ、ビジネスホンにすると仕事の効率がグンっとあがりますよ。ぜひ、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 
2013,8月

コピーは一般的に幅広く利用されている便利な機能であり、ニーズがとても高いものです。コンビニエンスストアでも、コピー機が設置してあるので、手軽にコピーが利用できます。しかし、手軽なのはいいですが、大量にコピーをつくりたいときは、コンビニエンスストアだとコピー料金がかさんでしまう場合があります。大量にコピーをつくりたくて、さらに料金を安くしたいばあいは、専用のコピーサービスを受けましょう。

そこで、今回は「格安コピー印刷のいんさつ工房inオービス文昭堂」をご紹介します。こちらは、格安にコピー印刷のサービスを提供している「いんさつ工房inオービス文昭堂」のサイトです。業界トップクラスの安さを実現しており(最安値A4 1.2円)、大量のコピーが必要なばあいは、ぜひ利用したいおすすめのサービスです。

年中無休、全国問わず、いかなる印刷媒体でも受け付けているので、便利です。メール、CD-ROM、USB、郵送持込など、わざわざ紙媒体を用意しなくてもコピーをしてくれます。見積もりは、すぐに無料で行ってくれるので、気軽に問い合わせてみましょう。メールでも電話でも大丈夫なようです。

いんさつ工房という格安のコピーのおすすめホームページに行くなら、リンクをクリックしてください!